タンス 輸送 費用

タンスを輸送する費用|安く簡単に配送する方法

タンス 輸送

タンス 配送

タンス 輸送料

タンス 輸送費用

タンス 輸送 料金

 

大きくて重い箪笥の配送を自分で行うのは危険です。
軽トラックのレンタカーがあれば出来そうな気もしますが、いくつか条件があります。

 

まずは手伝ってくれる人がいること、近くであること、段差があまりないことなどです。

 

軽トラックに荷物を積むのは素人には難しい作業です。
時間もかかりますし、物件の床や壁を傷付けてしまう恐れもあります。

 

箪笥を1番簡単に配送するには、引越し業者に依頼するのが1番です。
引越し業者一括見積もりをすれば、1番安く配送してくれる業者を探すのも簡単に出来ます。

 

タンス 輸送 価格

 

例えば、箪笥だけ運んでほしいとか大型家具だけ運んでほしいなど細かい要望にも応えてくれる引越し業者を探すのにも便利です。
賢く使って、簡単に箪笥を配送しましょう!

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

 

引越しの手順

 

引越し 手続き

 

引越しのおおまかな手順をぜひ1度ご確認ください。

 

@新居が決まったら引越し業者一括見積もりをして、一番条件の良い引越し業者と契約する。

 

A荷物を梱包し、不用品は処分する。

 

B市外への引越しは転出届を提出する。引越し2週間前から提出可能。

 

C電気・ガス・水道・ネットなどの会社に連絡する。

 

D郵便局へ転送の手続き

 

E引越し当日

 

F市外引越しなら転入届、同一市内なら転居届を役所に提出する。引越し2週間以内に。

 

G荷解き

 

H免許・パスポート・保険・カードなどの住所変更をする。

 

早く引越し業者と契約してしまいたいところですが、新居の住所がわからないと正確な費用が算出できません。
上層階なのにエレベーターがない物件やトラックが近くに停められない物件での引越しは、時間がかかるため引越し費用が高めになります。
それだけ時間と人件費がかかるからです。

 

引越し業者に見積もりをするのは、新しく入居する物件が決まってからがオススメです。

 

次に引越し当日までにできるだけ荷物を減らしましょう。
いらないものを運ぶのにも費用がかかりますから、不用品は売る・あげる・捨てるなどして荷物を減らしましょう。
使わないものから梱包すると、引越しがスムーズです。

 

市外引越しの場合は、役所に転出届を出します。これは引越しの2週間前から出すことができます。
出し忘れるとわざわざ提出に戻るか、役所に連絡して郵送してもらうなどの手間になるので必ず先に出しましょう。

 

電気・ガス・水道は日割り計算で精算してくれますので、まずは各会社に「引越しするので○○日まで使いたい」と言いましょう。
支払い方法は会社によって違うので、電話で確認してください。

 

引越しの日は家具の置き場所などを指定してください。
家具は重いので後で移動が簡単にできませんから、引越しの際にどこに置くかしっかり決めておきましょう。
貴重品・高級品・現金・通帳などはもちろん、パソコン、データ類、見られたくないものなどは自分で運んでください。

 

郵便物の転送は最寄りの郵便局で出来ます。
1年間は転送してくれますので、その間に知人に引越しした旨を連絡しましょう。

 

同じ市内での引越しなら転居届を、市外からの引越しなら転入届を新居の最寄りの役所に提出します。

 

他にも連絡が必要そうな、免許証・保険・パスポート・カード会社・銀行などには連絡して住所変更を。

 

いろいろすることはありますが、一つずつこなせば案外すぐに終わるかもしれません。
頑張ってくださいね。

 

 

引越しの費用と時期の関係

 

引越し費用 繁忙期

 

引越し業者は3月前後が繁忙期です。
この時期は1年で最も引越し費用が高くなります。

 

どうしてかというと、4月の新学期を前にいろいろなところの引越しが集中するからです。
最悪の場合、見積もりすら断られるほど繁忙期の引越し業者は大忙しなんです。

 

新学期の前は、新大学生が大学の近くで一人暮らしを始めたり、新社会人が会社の寮に入ったりします。
また日本の企業は春に人事異動があり、これも大学生や新社会人と同じ時期なのです。
会社から辞令の出たサラリーマンは単身赴任をしたり、家族で引越しをしなければならないのです。

 

できれば繁忙期の時期をずらすことが出来ればいいのですが、小学校や中学校、幼稚園の入学入園のタイミングもあるのでそうもいきません。
同じ重さの荷物を同じ距離運ぶのに、時期によって費用が変わるなんて不思議なシステムですね。

 

繁忙期はスタッフを増員したり、残業になることが多いので引越し業者も人件費を多く設定しています。
よって繁忙期の引越し費用は通常期に比べて、高額となるのです。

 

 

タンスをレンタカーのトラックで運ぶ

 

レンタカートラック タンス

 

レンタカーのトラックでタンスを輸送したら費用が安くなるのでは?と思ったことはありませんか。
実際はどうなのか、シュミレーションしてみました。

 

まずレンタカーで家財を運ぶにはいくつか条件があります。

 

まず@距離が近いこと A手伝ってくれる人手があること

 

この場合はレンタカーを借りに行くのも、荷物の運び出しや荷台への積み込みも、運転も新居への荷物の運び入れもトラックの返却も、すべて自分でやることになります。
なかなかの重労働です。

 

体力勝負であり、かつ1日勝負でもありますから、配送先までの距離が遠いと大変なのです。
あとレンタカーを返却する直前にガソリンを満タンにしなければなりませんから、後半はとにかく時間に追われて気が焦ります。

 

遠距離でもレンタカーを借りた営業所と違う営業所に返却することもできますが、その場合は手数料がかかります。
そもそもの「安く引越しする」という目的が怪しくなります。

 

普通運転免許では今までは2トントラックの運転が出来ましたが、今は2トン未満しか運転できなくなりました。

 

そのため一般の方がレンタカーで借りられるトラックは、軽トラックか1トントラック、1.5トントラックになります。
費用はどれも1日7000円前後が相場で、あとはガソリン代がかかります。

 

大きな家具や家電がある場合は、トラックの荷台持ち上げるために、必ず手伝ってくれる人が必要です。
その人への謝礼は用意しましょう。

 

これらの条件を満たしているなら、レンタカーでタンスを運ぶのもおすすめできます。

 

 

引越し費用がもっと安くなる条件とは

 

引越し 費用 安く

 

引越し費用は、条件次第では今よりももっと安くすることができるかもしれません。
一括見積もりをする前に引越し条件を見直ししてみませんか?

 

まず引越ししたい人が少ない日が狙い目です。
ズバリ平日です。

 

引越しの予約は土日祝日、月末・月初め・そして大安が多めになります。
仕事を休むことなく引越ししたいと思う人が多くて、2カ所分の家賃を払いたくない、縁起のいい日に引越ししたいという心理が働くので、このようになります。

 

逆に平日や仏滅は予約が少なくなります。
すると引越し料金は割引になり、安くなる傾向にあります。

 

時間でいうと午前中は人気があるので、料金的に言えば午後からの引越しが良いです。
午後からの引越しは前の人の引越しが長引いたり、渋滞でトラックが進まず、予定通りの時間からスタート出来ないことが考えられます。
そのリスクの分、午後便は割引されることがあるので時間に余裕がある方にはオススメです。

 

またこちらからは時間を指定しないフリー便も割引があるのでオススメです。

 

 

引越しと粗大ごみの処分

 

引越し 粗大ごみ

 

引越しを機に捨ててしまいたい家具や家電がありませんか?

 

家具類、ベッド、マットレス、自転車、マッサージチェア、チャイルドシート、スキー板など1辺が50センチ以上もしくは10kg以上のものは粗大ごみです。
石油ストーブ・石油ファンヒーター・ガスコンロ・電子レンジは大きさに関わらず粗大ごみです。

 

粗大ごみはどうやって廃棄すればいいのでしょう?
方法は@回収に来てもらう(有料)、A自分で持って行く(無料)という2つの方法があります。

 

@の回収方法は、まず粗大ごみ処理施設に電話をかけて回収日を予約します。
その後、コンビニやスーパーで粗大ごみシールを買います。
このシールを粗大ごみに貼って指定の時間までに指定場所に置いておけば、回収業者が来てくれます。
粗大ごみシールは粗大ごみ1個につき1枚必要です。シールの貼っていない家具家電はついでに持って行ってくれたりしません。
シールは回収手数料なのです。

 

またAの自分で持って行く場合でも、まずは電話で持っていく日時を予約します。
その時に捨てたいものの名前を伝えますのでメモなどを作っておきましょう。
あとは指定された時間に処理施設に持って行くだけです。
この場合はごみシールは必要ありません。

 

粗大ごみの中にいくつか例外があります。

 

家電リサイクル法で定められた家電はエアコン、テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機です。

 

これらを処分したいときは家電を購入した家電量販店か新しく購入するお店でのリサイクル(有料)が必要です。
もし家電を買ったお店が近くない場合やすでにお店が無い場合は、お住いの自治体に相談してみましょう。