タンス 輸送 費用

タンスを輸送する費用|安く簡単に配送する方法

タンス 輸送

タンス 配送

タンス 輸送料

タンス 輸送費用

タンス 輸送 料金

 

大きくて重い箪笥の配送を自分で行うのは危険です。
軽トラックのレンタカーがあれば出来そうな気もしますが、いくつか条件があります。

 

まずは手伝ってくれる人がいること、近くであること、段差があまりないことなどです。

 

軽トラックに荷物を積むのは素人には難しい作業です。
時間もかかりますし、物件の床や壁を傷付けてしまう恐れもあります。

 

箪笥を1番簡単に配送するには、引越し業者に依頼するのが1番です。
引越し業者一括見積もりをすれば、1番安く配送してくれる業者を探すのも簡単に出来ます。

 

タンス 輸送 価格

 

例えば、箪笥だけ運んでほしいとか大型家具だけ運んでほしいなど細かい要望にも応えてくれる引越し業者を探すのにも便利です。
賢く使って、簡単に箪笥を配送しましょう!

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

引越し価格ガイド
引越し

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり

ズバット引越し
引越し

・安い引越業者を探す方法は必見


ライフル引越し
引越し

・はじめての引越しにもおすすめ

 

 

引越しの手順

 

引越し 手続き

 

引越しのおおまかな手順をぜひ1度ご確認ください。

 

@新居が決まったら引越し業者一括見積もりをして、一番条件の良い引越し業者と契約する。

 

A荷物を梱包し、不用品は処分する。

 

B市外への引越しは転出届を提出する。引越し2週間前から提出可能。

 

C電気・ガス・水道・ネットなどの会社に連絡する。

 

D郵便局へ転送の手続き

 

E引越し当日

 

F市外引越しなら転入届、同一市内なら転居届を役所に提出する。引越し2週間以内に。

 

G荷解き

 

H免許・パスポート・保険・カードなどの住所変更をする。

 

早く引越し業者と契約してしまいたいところですが、新居の住所がわからないと正確な費用が算出できません。
上層階なのにエレベーターがない物件やトラックが近くに停められない物件での引越しは、時間がかかるため引越し費用が高めになります。
それだけ時間と人件費がかかるからです。

 

引越し業者に見積もりをするのは、新しく入居する物件が決まってからがオススメです。

 

次に引越し当日までにできるだけ荷物を減らしましょう。
いらないものを運ぶのにも費用がかかりますから、不用品は売る・あげる・捨てるなどして荷物を減らしましょう。
使わないものから梱包すると、引越しがスムーズです。

 

市外引越しの場合は、役所に転出届を出します。これは引越しの2週間前から出すことができます。
出し忘れるとわざわざ提出に戻るか、役所に連絡して郵送してもらうなどの手間になるので必ず先に出しましょう。

 

電気・ガス・水道は日割り計算で精算してくれますので、まずは各会社に「引越しするので○○日まで使いたい」と言いましょう。
支払い方法は会社によって違うので、電話で確認してください。

 

引越しの日は家具の置き場所などを指定してください。
家具は重いので後で移動が簡単にできませんから、引越しの際にどこに置くかしっかり決めておきましょう。
貴重品・高級品・現金・通帳などはもちろん、パソコン、データ類、見られたくないものなどは自分で運んでください。

 

郵便物の転送は最寄りの郵便局で出来ます。
1年間は転送してくれますので、その間に知人に引越しした旨を連絡しましょう。

 

同じ市内での引越しなら転居届を、市外からの引越しなら転入届を新居の最寄りの役所に提出します。

 

他にも連絡が必要そうな、免許証・保険・パスポート・カード会社・銀行などには連絡して住所変更を。

 

いろいろすることはありますが、一つずつこなせば案外すぐに終わるかもしれません。
頑張ってくださいね。